はじめに

構造変更で乗用車を貨物車に!タイトル画像

 

車種区分について(乗用3・5ナンバー)

 

 ここで基礎知識として車種区分について説明する。車種区分は、ナンバープレート上段の、少し小さめの数字が表している(この数字の頭の部分)。具体的には、下の図に示した赤い部分が該当している(実際のナンバープレートは当然赤くはない)。この部分が3なら3ナンバーで、5なら5ナンバーになる。

 現在、この部分の数字は下の図のように3桁表示になっているが、以前は2桁、さらにそれ以前は1桁だった(登録台数の増加や、希望ナンバー制導入などに伴い桁数が増えたようである)。いずれにせよ、この部分の数字の頭が車種区分を示していることに変わりはない(1桁の場合は、その数字そのものだ)。

 

 

 ところで3ナンバー、5ナンバー(=7ナンバー)と呼ばれるものは、乗用車というやつで、人を乗せて運ぶのが主な目的だ。3と5の違いは、「普通」と「小型」の違いである。3ナンバーは普通乗用車のことを指し、5ナンバー(=7ナンバー)は小型乗用車のことを指している。この「普通」と「小型」の違いは車体寸法や排気量の違いで生じている。

 5ナンバー(=7ナンバー)は車体の長さが4.7m以下、幅1.7m以下、高さ2m以下で、ガソリン車については、排気量2L以下(ディーゼル車は排気量による区分なし)といった制限がある。どれか一つでもこれらを上回ると、3ナンバーとなる。

 一昔前まで自家用車といえばほとんど5ナンバーで、登録されている台数も、道路を走っている台数も圧倒的に多かったのだが、平成の自動車税改革以降、3ナンバーが増えている。税改革以前は3ナンバーに区分されると急激に自動車税が高くなる仕組みだったのが、以降は排気量に応じて徐々に高くなる仕組みに改められたことが主な要因だろう。

 

 

前のページへ インデックスに戻る 次のページへ