貨物車への構造変更のメリット

構造変更で乗用車を貨物車に!タイトル画像

 

自動車税

 

 自動車税は、乗用車と貨物車では大幅に違う。参考までに、管理者の住んでいるところの自動車税額は以下の表のとおり。税額はすべて自家用だ。

 今回構造変更しようとしているベース車は、5ナンバー(乗用車)で排気量2500cc(ディーゼル)なので、45000円(表の黄色の部分)。いっぽう、これを4ナンバーの貨客兼用車(貨物車)に変更するとどうなるか。積載量は1t以下(乗用車ベースなのでだいたい200kg程度だろう)、排気量は1500cc超に区分され税額は16000円(表の緑色の部分)。なんと約3分の1になってしまう。その差額は29000円。さらにグリーン化税制(古い自動車は重課される)で税額が10%増しになるとその差額は31900円に拡がる・・。ついでに、4000ccとか5000ccといった「大排気量車」がベースだとさらに割安になる模様だ。

 さらに余談になるが、8トン近く積める大型トラックと、排気量2000cc程度の乗用車の税額が4万円前後でほぼ同じだ。ちょっと驚きの結果だった。

 

(表)自動車税額 自家用

排気量区分

(cc)

超え〜以下

税額(円)

積載量区分

(t)

超え〜以下

税額(円)

乗用車

貨客兼用車

(1t以下)

トラック

1000

29,500

13,200

1

8,000

1000〜1500

34,500

14,300

1〜2

11,500

1500〜2000

39,500

16,000

2〜3

16,000

2000〜2500

45,000

3〜4

20,500

2500〜3000

51,000

4〜5

25,500

3000〜3500

58,000

5〜6

30,000

3500〜4000

66,500

6〜7

35,000

4000〜4500

76,500

7〜8

40,500

4500〜6000

88,000

8〜

上記+1t毎

6,300

6000〜

111,000

 

 

前のページへ インデックスに戻る 次のページへ