貨物車への構造変更のデメリット

構造変更で乗用車を貨物車に!タイトル画像

 

自賠責保険料

 

 自賠責保険料の比較表を以下に示す。自賠責保険料は車検時に支払いが必要となり、通常、車検期間をカバーできる期間の加入となる。乗用車の場合は24ヶ月(2年)で30680円。後の比較のために1年あたりにすると15340円。一方、貨物車(小型貨物;4ナンバー)だと12ヶ月(1年)で15490円。両者を比較すると、わずかに(150円)アップする。まあ、たいしたことではないとも思えるが・・・。なお、余談だが、営業用の場合は割高な結果となる。

 

(表)自賠責保険料 2006年12月現在

 

乗用車 (円)

小型貨物車 (円)

24ヶ月(2年)

30,680

25,820

12ヶ月(1年)

17,940

15,490

 

 

前のページへ インデックスに戻る 次のページへ