車検場での事前相談

構造変更で乗用車を貨物車に!タイトル画像

 

タイヤ・ホイールの種類と軸重

 

 次に気になったのが、タイヤとホイールについて。「貨物車」といえば、耐荷重の高い「バン用」タイヤに鉄製ホイールが定番のような印象がある。しかし一方、貨物車に改造したとはいえ乗用車の車両総重量を上回るわけではないので、乗用車用のタイヤにアルミホイールでも問題ないと思われる。この点についてたずねると、「乗用車としての最大積載量を超えない範囲であれば、アルミホイールでよい。また、タイヤに表示されている荷重指数の範囲内であればよい」とのこと。現在装着のタイヤは205/65−16 95Hで、荷重指数95(690kg)。タイヤ単体で見れば、4本で総重量2760kg、軸重1380kgまでいけることになる。現在の車検証にて、車両総重量は2250kg程度で、前後の重量配分はほぼ50:50なのでまだまだ余裕がありそう。なお、タイヤの荷重指数については以下の表を参考に。

 

(表)荷重指数の表(一部)

荷重

指数

75

80

85

90

95

100

105

110

115

負荷

能力

(kg)

387

450

515

600

690

800

925

1060

1215

 

 

前のページへ インデックスに戻る 次のページへ